« 真冬のスウエーデン滞在記ーその1 | Main | スウエーデンから一ヶ月ぶり帰国 »

February 12, 2005

ブダペストへ小旅行

dockorParlamentdonaumarknadpalaceBudapest北欧スウエーデン滞在中に2月8日から11日まで三日間の小旅行でブダペストへ行った。ネットで見つけた三ツ星ホテルはツインルーム朝食付き1泊6000円。首都のホテルとしては格安。飾り気はないが清潔で地下鉄駅まで徒歩5分。空港で買ったブダペストカードをフルに利用し地下鉄とバスで歩き回った。歴史博物館、民族博物館、国立博物館、王宮の丘、壮麗なゴシック建築に目を見張る
マーチャーシュ教会。豊富な食文化の国を証明する中央市場。博物館では複雑で数奇なこの国の歴史を覗き、氷を水面に沢山乗せてゆっくりと流れるドナウ川のほとりに立ち、雰囲気のあるカフェでカプチーノを飲み、パプリカの香りいっぱいのハンガリー料理を楽しんだ。また出発日には再び市場へ行き、牛肉、豚肉、鴨肉、羊肉、きじ肉、サラミなど10キロもの肉を買い込みスウエーデンの我が家へ持ち帰った。

ブダペストの地下鉄駅では長ーいエスカレーターに並び立つ人々を上り下りのエスカレーターで向かい合い、観察。いかにも東欧的な人たちから北欧の人と同じ感じの人々。言葉は英語がなかなか通じないためにコミュニケーションが取れないのが欲求不満になるが、彼らはこちらがわからないのはお構いなしに大声で話しかけて道に迷った私たちの手を引っ張って正しいほうへ連れて行ってくれた。人にかまってあげて助けてくれる人々の親切さを感じることもあった。

ショーウインドウや品揃え人々の表情、町並みなどかってソビエト連邦時代のモスクワや旧東ドイツで受けた感じがまだ残っているように感じられた。

夫婦二人の三日間の旅はいつものような仕事のない純粋な観光旅行だった。30年前に一度通ったことのあるブダペストの記憶はなく全く初めての印象だった。北欧スウエーデン南部から来た我々は気温は3度くらい低いこの町では毛皮の帽子、マフラー、手袋が欠かせない寒さ。マイナス10度くらいになる中を歩き、また夏の姿を見たいと思うたびだった。たった三日の滞在で見たブダペストの街は広々とし、ドナウがその景観を引き立てる美しい街だった。

|

« 真冬のスウエーデン滞在記ーその1 | Main | スウエーデンから一ヶ月ぶり帰国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブダペストへ小旅行:

« 真冬のスウエーデン滞在記ーその1 | Main | スウエーデンから一ヶ月ぶり帰国 »