« ブダペストへ小旅行 | Main | 初めての会場でのフェア終了 »

February 27, 2005

スウエーデンから一ヶ月ぶり帰国

Vaterlanggatan昨日土曜日2月26日、一ヶ月ぶりにスウエーデンから帰国。出発日金曜日正午の南スウエーデンの空はどんより、気温はマイナス5度、道路の両側にはまだ雪が残っていた。しかし北国としては記録的な暖冬の滞在だった。それでも滞在中には何度か大雪があり出発5日前には100台の車が雪に閉ざされ立ち往生した。

この冬はスウエーデンは大嵐で森林部の多い南部のスモーランド地方は多大な経済的被害を受け7人の犠牲者が出たり何週間も停電が続いた。またクリスマス休暇でタイに数千人のスウエーデン人が行っていたために12月のスマトラ沖巨大地震で1000人近い犠牲者を出し、かって経験したことのない自然災害は多くの人にショックを与えた冬となった。

一ヶ月ぶりの埼玉の我が家の中は寒くてコートを着たままでお茶を沸かし仕入れた商品でいっぱいのスーツケースの荷物を解いた。そしてすでに到着していた郵便小包を届けてもらい中身をチェック。大小あわせて9個の小包の箱の中には大きく破損したダンボールもあったが、中身の割れ物の被害は少なくてすんだようだった。それでも大好きだった商品が破損したのを見るのはつらい。ため息つきながらひとつひとつはこの中身チェックがすんだ我が家は商品の他にもパッキング材の新聞や箱などで今足の踏み場が見つからない状態。これからその価格付けなど整理が大変。帰国してものんびりできない日々が続きそう。来月から次のスウエーデン行きの7月までの4ヶ月間北欧アンティークフェアが6件予定されている。その前に確定申告もある。時差ぼけしていられない状態で早朝に目覚め早速ブログ更新。

|

« ブダペストへ小旅行 | Main | 初めての会場でのフェア終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スウエーデンから一ヶ月ぶり帰国:

« ブダペストへ小旅行 | Main | 初めての会場でのフェア終了 »