« 初めての会場でのフェア終了 | Main | 再び真冬のスウエーデンから »

August 24, 2005

Gustavsbergs 陶磁器博物館

南スウエーデンでの1ヶ月滞在中にストックホルムへ5日間の小旅行した。好天気に恵まれた一日ストックホルムからバスで約20分の郊外にある美しいVarmdoというコミューンに属するGustavsbergにある陶磁器博物館へ行った。首都ストックホルムを包み込む群島海にあるこの港町は海の青さと森の緑に囲まれた美しいところだった。

目的の博物館はこの地で170年間にわたり製造してきたあらゆる陶磁器の歴史を語り活躍してきたアーチストの作品を展示し、スウエーデンの国民の暮らしの推移も目にすることができる。今や日本でもコレクターの多いStig Lindberg、Lisa Larsonなどの幻の作品もここでは実物にお目にかかれる。
北欧の陶磁器のお好きな方には是非おすすめの博物館です。いい天気の日お弁当を持ってピクニック気分で。
gustavsberg_hamn
street
lisa_larson
sl_horse
sl_par
W
artists
gammal_fabrik

|

« 初めての会場でのフェア終了 | Main | 再び真冬のスウエーデンから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Gustavsbergs 陶磁器博物館:

» ストックホルム [首都の旅]
ストックホルムストックホルム(''Stockholm'')は、スウェーデンの首都で、スウェーデン最大の都市。ストックホルム県(Stockholms L?n)に属す。人口は約75万人。「水の都」、「北のヴェネツィア」ともいわれ、水の上に浮いているような町。.wikilis{font-size:10px...... [Read More]

Tracked on October 17, 2005 08:22 PM

« 初めての会場でのフェア終了 | Main | 再び真冬のスウエーデンから »