« スウェーデン工芸学校体験記その① | Main | スウエーデン工芸学校体験記その③ »

August 14, 2008

スウエーデン工芸学校体験記その②

工芸学校セータグレンタンでの最初の朝があけた。6時半には目が覚め外をみると太陽はすでに高くどこまでも明るい。朝食の8時前に散歩。

First_morning First_morning_1 First_morning_2 First_morning_3



食堂のあるメインビルディングは学校のオフィス、テレビのあるリビング、コンピュータルームなどがある。一番古い建物である。朝食はオートミール、ヨーグルト、ホームペーキングのパンにチーズ、サラミ、トマト、自前の野菜たっぷりのサラダ、コーヒー、紅茶などセルフサービスで食べたいだけ取れる。食堂でトレーに取って庭に出て爽やかな空気の中で食べる朝食はなんとおいしい!

Frukost

Diningroom Uteservering Frukostbordet Frukost_tallrik

ラベンダーの花がきれいな庭での朝食がすんでそこでこれからの5日間について説明会。この週は3つのコースがあること、我々が参加する「ルーツワークの籠作り」、「ワイヤーワーク」「木工」の三種類だけで、この夏一番ゆっくりできる週だという。今まではコース数も人数も多くて混みあっていたらしい。ラッキー。

我々の籠作りのクラスは我々4人の日本人、2人のスウエーデン人女性、アメリカから参加する男性一人。合計7人のクラスで教師はRune Svensson(ルーネ スベンソン)さんという68歳の男性。Gotland島に住みGotlandなまりの強いスウエーデン語と片言の英語でこれからの工程を説明してくれるルーネ先生は暖かい人柄が伝わる。

LessonLesson4 Lesson1

初日の今日はまず森へ入って材料のもみの木の根っこ取りが大仕事。鍬と大工バサミを持ち森へ。もみの木の林へ入り根っこを掘り出す作業が始まった。アメリカ人のFredはアメリカで木工などのハンドクラフトの教師をしているだけに慣れた感じだが他の6人の女性は初めての経験。鍬をふるって土を掘り根っこをさぐって引っ張りぬく。これ以上抜けないところではさみで切り取る。汗びっしょり。汗のにおいをかぎつけて、さっそく森の蚊たちがウーン、ウーンという音とともに襲撃してくる。持参した日本製の虫スプレーを体中に吹き付けていなかったら大変だった。約一時間、汗と土にまみれ蚊と戦いながら根っこを集め丸くまとめて学校へ戻ることになったが腰は痛いし手も痛い。かなりの重労働だ。

I_skogen_2 I_skogen

Lesson_3 Lesson_4_2 Lesson2

体に良さそうでおいしい昼食が終わってもう一度森へ。まだまだ根っこが足りないらしい。
午前中より少しこつがわかりどこを掘ればいいか、どんな太さの根っこが良いか、長さはどのくらいかがわかって一時間ほど掘る。もう十分だろうという事で教室へ戻る。次は採って来た根っこの皮をむく大仕事が待っていた。

白樺の木を二つに縦割りに割ったものの間に根っこを挟み手前へ力いっぱい引っ張ると茶色の皮が剥けて白いきれいな木肌が出てくる。それを繰り返して一本の根っこの皮をむいていく。掘り出した根っこはできるだけ早く皮むきをしないと表皮が乾いてむきにくくなる。

Roots

Peeling

Peeling1 Pealing3

Pealing_2   

剥けて白いきれいな肌になった根っこを二枚か三枚に裂くのが次の仕事だ。細いものは二枚に太い根は三枚に裂く。これがなかなか難しい。まっすぐにゆっくり裂かないと途中で短く切れてしまう。この作業では指が痛くなってしまった。

Lesson5 Deviding

Dela Dela_1

Dela_2

コーヒータイム、5時の夕食をはさんで夜10時すぎまでひたすらこの作業をする。いつまでも明るい外に座って作業していると時間がすぎるのが早い。戸外でやるこの作業は気持ちが夜の少し気温が下がった気持ちよい空気のなかで時間のたつことの早さに驚く。

10時過ぎるとさすがに今日一日のハードな仕事で疲れ果ててシャワーを浴び、今日もまたすごい夕焼け雲に感嘆の声をあげながらながめてからベッドへ。。。長い一日がすぎた。今日もまた美しい夕焼けを楽しみながら。。。

Sanset_1_3  

|

« スウェーデン工芸学校体験記その① | Main | スウエーデン工芸学校体験記その③ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スウエーデン工芸学校体験記その②:

« スウェーデン工芸学校体験記その① | Main | スウエーデン工芸学校体験記その③ »