« ローズヒップ(Nypon)狩り その2 | Main

September 26, 2012

Nypon(ローズヒップ)狩り その3

Nypon_halva_med_karna  Nyponhalva

実際にNyponを採っている人には出会わないけれど採っている人は必ずいるだろうし、その情報をスウエーデンのネットでリサーチしてみた。この苦難の多いベリー採りをあえて実行している人たちは多くいることがわかった。そしてこのベリーを乾燥させて保存し冬に温かいスープなどで楽しんでいる人も多くいた。

スーパーではNyponスープのインスタントスープの素が気軽に買えるけど自分で採って干したNyponベリーで作るスープは添加物もなしで安全で栄養価高くおいしいので苦労した甲斐は十分あると絶賛。その干しNyponの作り方で実を半分に割っただけの状態で乾燥させるのと種を掻きだしてから乾燥させるバージョンがあることもわかった。

根気が少し足りなければ種のあるままで乾燥させてスープを作る段階で裏ごしという一仕事が増える。種を出してあれば水で戻してミキサーにかけるだけでスープやピュレーやジャムが作れる。両方を作って比較してみた。乾燥はオーブンで50度の最低温度に設定し3~4時間くらいで乾燥できる。新鮮なベリーでのジャム作りも同じ種だしをしてハンドミキサーでリンゴと一緒に砕いたもので煮て作ってみた。新鮮な実は種だしした後冷凍庫へ入れて繊維を壊しそれをミキサーにかけるとスムースでおいしいジャムができた。

13  14
種ありと種なしの干しNypon

しっかりと乾燥したら長く保存できて冬に楽しめる食材となってくれる。なによりも関節痛、高血圧の持病に良いとなればトゲで刺されても毎日散歩がてら採ってきて夜なべ仕事で種を掻きだす日々が続くことでしょう。急がないと熟しすぎて実が落ちてしまったり、日ごとに気温が下がる最近だからいつ初霜が来てついている実を一度でも凍らせてしまえばおしまいなのでこの北欧の自然の贈り物を少しでも多く残しておきたいとNyponの森へ出かけます。






|

« ローズヒップ(Nypon)狩り その2 | Main

Comments

ローズヒップ摘みの苦労がしのばれる文章で情景が目に見えるようですた。
あんな小さな実から種を取ったり大変な作業ですね。
でも、なんだか今の日本でのは失われてしまった時の過ごし方を考えてしまいました。せっかちになりすぎですね。
インスタントのローズヒップのスープを飲んだことはあります、それはそれでおいしかったのですが、手作りされたものはきっと数倍おいしいのでしょうね。

Posted by: 伊東えり子 | September 27, 2012 12:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Nypon(ローズヒップ)狩り その3:

« ローズヒップ(Nypon)狩り その2 | Main